インスタグラムを覗いてみよう その1 〜 操作画面 (2020年11月15日更新)

By maui, 2020-11-06

インスタグラムは、綺麗な作品を観たり自分の作品をアップするだけでなく、情報入手としてもとても有効です。

インスタグラム Instagram

投稿は基本スマホやタブレットからしか出来ませんが、見るだけならパソコンでも可能です。
最初は正方形の写真を1枚しかアップ出来ませんでした。
今では写真も縦長横長、複数枚、動画と機能がグンと増えました。

下記はスマホで見た自分の画面ですが、第三者のものもほぼ同じです。

インスタグラム 自分の画面

アイコンボタンの説明

◆ 一番上から
>が散らばっていますが、投稿する時にタップします。
右上の<>でインスタグラムで投稿出来る項目が出てきます。

インスタグラム作成

◆ 中の段 上
24時間で消える ストーリーズ という短い動画があります。
別枠にある ストーリーズハイライト はその消えた投稿を後から残すことができます。

◆ 中の段 下
左から
1)自分の投稿一覧 写真や動画
2)リール 15秒、30秒の短い動画
3)IGTV 長い動画(インスタライブを後から見られるように残せる。)
4)タグ付けされた投稿(自分が写っている写真)
ざっくりですが、4つに分かれています。
リール と IGTV のアイコンは使わないと出てきません。

下記をタップすると私のインスタグラムに飛ぶので違いが分かると思います。
投 稿
リール

◆ 一番下
左から
1)フォロー中の投稿一覧
2)検索
3)おすすめリール
4)ショップ
5)自分の投稿一覧 画面

ここで検索したいキーワードを入れると、写真付きで情報が得られます。
Twitter もそうですが、時系列で出てくるのでより新鮮な情報になります。
投稿する際にキーワードの頭に<ハッシュタグ → #>を付けて検索しやすくします。
ただ個人の情報になり、信憑性を問うこととは別になるのでご注意を…。

コンテスト名に<ハッシュタグ → #>を付けて応募する企画も多々あります。

一番下の段、左のホームボタンをタップすると、フォロー中の人の投稿一覧出てきます。
♡ は自分の写真に対する反応
紙飛行機は個別のメールメッセージ

インスタグラム フォロー中の画面

追加されたリードが思ったより面白いです。
短い動画を創るのは難しく活かしきれていませんが、色々試しているのでまた報告します。

この記事をアップしてから、間もなく操作画面が変更になりました。
ショップの一覧が出てきたのにはビックリ。
これだけ人が集まってくると商売に繋げないともったいないのがネットの常(?)。
リール専用のページも出来ました。
使う側では見えない部分、増やされた項目は注目!!と思ってもいいのかもしれません。

What do you think?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください