iEye-ai アラン・チャン 〜iPhoneの<i>は愛だった〜

By maui, 2013-11-07

iEye 愛 artcort

この世で一番好きなデザイナーというより芸術家
アラン・チャン(香港)の展覧会 iEye-ai
iPhoneで撮った写真を使ったプロジェクトに2年…。
そうなんです、芸術で一番大切なのはコンセプト
ストーリーなのであります。

解像度が上がったといえ
どこまで引き伸ばすのかと思いきや
作品は、iPhoneの本体ごとを並べた写真。
やっぱり締まる色は黒。
白のiPhoneではボヤけるかも…。

“Ultrachrome Print on Photo Gloss Paper”の表示。
ウルトラクローム ▶ よりクリアな色が出るインク
フォト グロスペーパー ▶ 高画質なフォト光沢紙
のようで…
作品は透明なアクリル板かで覆われている。
大きさは60cmか120cm四方。

と…そのiPhoneフレームの写真を動かした映像。

撮影場所
日本 ▶ 京都、ちょっと東京
中国 ▶ 北京、上海、杭州、マカオ

iPhoneでの撮影は、ヒントは身近にあるということ。
が、いつもそれに意識がないと見逃すことになる。
愛の眼差しということか…。

写真家でなく、デザイナーならではの発想。
入口に置いてあったポストカード ⬇️
広げた手よりひと回り大きなサイズのマット紙と贅沢な創り。

iEye 愛 postcard

部屋の中央に、かなり分厚いアラン・チャンの
アルバムのような作品集が置いてあった。
こっちの方が嬉しかったり…。
じっくり腰据えて、拝見。
独特なグラデーションに
シンプルでありながら、繊細なライン。
漢字が絵になるのは、アラン・チャンのデザイン力。
じつに見事、久々にゾクゾクする。

オフィシャルサイト
 
 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

What do you think?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください