ライフ・オブ・パイ

By maui, 2013-02-09

Life of Pai

公式サイト

水曜日(レディースディ)の20時〜は映画の時間ですよ。
今年初の映画
<レ・ミゼラブル>とどっちが気になる?
自分に聞いてみた。

 

 

 

チケットを買う時、お席が混んでまして…と
あぁ、結構人気あるんだと思いきや
会社帰りの集団で確かにいつもより人が多い。
2〜3人の時もあったし…。

始まりのインド音楽が心地良い。
そういえば、主人公がインド人っぽかったのに気がつく。

話す相手もなく、閉鎖された空間
変わらない景色、ありあまる時間。

終わりの見えないほど、苦痛なことはない。
これぞ、円をグルグル廻る感覚
延々と続く円周率と同じ。
彼の呼び名はまさしく<π>でありましょ。

神への憧れ(?)…出逢いたい一心だったのか
彼は3つの宗教を信仰していた。
信仰している人にとっては
考えられない行為と思われる…
けど、宗教は人間が勝手に作り上げたもの。
彼は純粋であり、気持ちに縛りがない証拠かもしれない。

例のごとく、ギリギリのところで助かる出来事。
映画<アバター>では、誰の味方もしないエイワ(神?)に
祈りが通じた場面を想い出す。
沈没する場面は<タイタニック>か。

極限になると、さすがの怖い相手でも素に戻る。
普段のこだわりなんて、どーでもよくなる。
問題はその先の選択。
目先の衝動に駆られるか
理性で少し先を思い、希望を持つことができるか。

独りきりと誰かがいるとでは
心情も変わってくる。
それが苦手な相手でも
いい方向へ向けば
不思議な連帯感が生まれたり。
彼の場合は、それが神だったのかも…。

天変地異、天災、人災…
現実にナニが起きてもおかしくない。
最中は無我夢中。
過ぎてしまえば、あれは幻だったのかと
思うこともしばしば。

観ながら、観終わった後
アタマの中にイロイロがかけ巡りマス。

綺麗な映像はこちら
すでに終盤のどんでん返しのネタバレが
あちこちのサイトにでていた。
どう解釈するかってことで…

ずっとWordpressのカスタム投稿で堂々巡り。
神が現れてくれることを信じて…
もう少しやってみることにしましょ。

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

What do you think?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください